読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

327《正座は損か得か》

 

 正座にこだわる主人公。「他人が何と言おうとも私の信念で意識していきたい」なぜ、そんなに正座にこだわるのか。主人公は言う。「何かの時にちょっと光っている人を見かけます。自分にはない何かを持っている人です。それもさりげなく出しているというか、自然に出ているもんだと思います。私も正座を通して、ちょっと光る、そんな人になりたいと思っています」

大内美咲さん
 私はこの文章を読んで、私も当てはまるなと思いました。自分のやりたいことを自分のやり方でやり通すことは、2日か3日しか続きません。「めんどうくさい」とか「あきた」とか、そんな理由でした。前の自分は、何でこんなことしなきゃいけないんだとか思っていました。でも、今この文章を読んで、どんなに小さいことでも「自分のやり方でやり通す」ということが大事なんだなと思いました。私は、今まで自分で決めた目標を達成できたことはありません。目標に向かって努力とかなかったです。全力でやらなければいけないことを、私はただ普通にやっているだけでした。今までの自分を振り返って直さなければいけない所が何個もありました。これからは、自分が決めたことを最後まで頑張り、やり通していきたいです。

前田美子さん
 損得勘定で生きていたら本当につまらないと思いました。きれいに正座するのも、別に得にはならないけど、信念を貫いて行動することはとてもすごいと思いました。私は、たぶん正座はできるけど、きれいには座れないと思うので、この主人公はすごいなと思いました。私もちょっと光る人になりたいです。

生田真彦君
 僕は、たまに自分の良い所は何だろうなと考えます。だけど、いつも見つかりません。いつも「あっ、俺はみんなを笑わせることができるぞ」と思うけど、「あっ、俺より笑わせることができる人がいる」と思ってしまい、「俺、全然良い所ないじゃん」で終わってしまいます。でも、これを読んで「なるほどな」と思いました。僕にもムダとも思える美学がありました。僕は、いつも皿洗いをする時に、他人には分からないかも知れないけど、その時に僕の美学が発揮されます。それは「皿の置き方」です。いつも自分なりに洗い終わった皿を置く時「こう置いた方がいいな」と思い、格好良く。美しく置いていきます。これだけは、絶対に通していきたい僕の「信念」です

沼川西中学校 1年1組学級通信 №9    平成24年5月28日(月)

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 先日、人生初のぎっくり腰になってしまいました。せっかっく東京から教え子が会いに来てくれるという日だったのに、です。不断の行いが悪いのでしょうか。ん~(-_-)

 その後日、違う年度の生徒が学校に来てくれました。受け答えや態度など、本当に立派になったなと感じることが出来ました。教師にとって、一番嬉しい瞬間です。ありがとう。

f:id:sakaT:20160707072730j:plain

 平成23年度3の1の掲示物。

 でも、この掲示物は、全部の3年生のために作って廊下に貼りました。