sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

324《君を支える集団になりたい》

 集団にいるか、いないかだけでは「寂しさ」を、はかることはできない。
 肝心な事は、「自分をどれだけ受け入れてくれる人がいるか」「自分を分かってくれる人がいるか」「自分を必要としてくれているか」。だから、それがない集団にいたら寂しくなる。気が滅入る・・・。
 小学生の時に読んで感動した本がある。しかし、中学2年生になった自分が、今一度読み返しても、あのときほどの感動は味わえない。内容が幼稚だと思えるからだ。でも、あのときの感動は心に残っている。あのときの感動は本物だったのだ。大人になってから、昔の事を思うと恥ずかしいくらい幼稚な事も「その時」には本気でやっていたのだ。「その時に本気でやる」その積み重ねが、今の自分を作っているのだ。

A君
 今日の道徳の授業で思った事は、このままの自分では駄目だと思いました。僕は忘れ物が多く提出物の提出がなかなかできません。先生に提出物が出ていないと言われてやろうと思っても家に帰ってできません。テスト勉強もテストの1週間前くらいからはやるのですが、テスト2週間くらい前はなかなかできません。僕はいろんなことがこつこつできないから駄目なんだと思います。こつこつできるように自分を変えたいと思いました。

Bさん
 私は学校が嫌いです。好きになろうとしてもなれません。学校に私の居場所があるのか、そんな事をいつも考えています。寂しいかもしれない。寂しくないかもしれない。まさにこれだと思います。一人でいる方が私は寂しくありません。私には家族以外にも信じられる人がいます。その人たちだけは、ありのままの私を受け入れてくれました。悲しいのなら悲しいって、苦しいのなら苦しいって、辛いのなら辛いって、泣きたいのなら泣きたいってぶつけて来いって言ってくれました。その中の一人に今ある友人関係を相談したら、桜井先生と同じ事を言いました。「自分で変えるんだ」って。私はその言葉が胸に刺さりました。私はただ逃げているんじゃないかって思いました。問題に対して文句を言っているだけじゃ何も変わらないと思いました。そんな事で文句を言っていたら、大人になって文句を言って簡単に逃げ出すような人間になっていると思いました。諦めたら何も始まらない。自分が諦めなかったらどんな時でも変えられるチャンスはある。自分で自分を信じればいい。今言い訳をして逃げていたら、何も変わらない。だから、私は今日の授業を聞いて、良い意味での「Bらしいね!」って言われるように生活していきたいと思いました。

Dさん
 今日の話を聞いて、私自身も多分当てはまってしまうんじゃないかと思いました。友達と一緒にいて寂しいと思った事はないけど、友達がしているから自分もという考えが少なからずあります。こういう私は将来も他人に左右される人間になってしまうのじゃないかと思います。私はいつも「私らしく」ありたいと思うけれど、それが悪い意味ではなく良い意味で〝らしく〟なれるといいと思いました。今回の話は自分を見つめ直す良いチャンスだと思いので、今から自分の短所を見つけ、そこを直せるように努力していければいいと感じました。良くも悪くも人は変わるので、私は自分の将来を後悔しないように、良い意味での自分らしい人間になれるようにしていきたいです。

Eさん
 私は寂しい集団にいるのかもしれない。学校に来るのが嫌なのもそのせいだと思う。あのぶたさんみたいに一人でいた方が凄く楽だし。
 でも、一人でいて楽とか寂しくないって感じるより、みんなといるから寂しくないって感じるようになりたい。今は、部活の事、友達関係の事で色々悩んでいる。悩むと、どんどんイライラしてきちゃって、最終的にはみんな他の人のせいにしてしまっている。そんな自分は嫌だけど、どう直していけばいいかも分からない。だから、大人になっても今の自分のままなのかなぁって考えちゃうと、凄く寂しくなる。今はどう直していけばいいかよく分からないけど、少しずつ今の自分を変えていきたい。

沼川西中学校  2年4組 学級通信 №7    平成22年12月13日(月)

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 何度も言いますが、こんなに自分を振り返ることは恥ずかしいことだと思います。誰に読まれるか分からないし、学級便りにこうして載る可能性もあります。

 気持ちを誰かに分かって欲しいと生徒は思っているのではないでしょうか。きっとこの人なら分かってくれるという人を、場面を探しているのではないでしょうか。

 何度も言います。道徳が苦手なんて言ってはいけないと思うのです。本気で悩んでいる生徒の気持ちを本気で汲んであげられるような授業をしなければならない責任が担任にはあると思えるのです。

 このsakaT's diaryもあと20話程度になりました。

 f:id:sakaT:20160630204852j:plain

平成26年度 体育祭の綱引き(優勝)