読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

322《一生懸命に!》

第17章 「道徳編」

 もう少しで中学校の1年間が終わります。振り返ってみればどれだけ成長できたでしょうか。何事も頑張ろうと、何事も一生懸命やることができたでしょうか。授業中にガムをかんだりパンを食べたり、トイレの中や下校中にチョコを食べたりすることに一生懸命だったり、雑誌やマンガを持ってきたりすることに一生懸命だったりする生徒。ゲームソフトやカードを持ってきて交換することに一生懸命だったりと、どう考えても勉強に集中したり部活動に集中したり、交友関係を広げたりという中学生として一生懸命にしなければならないことが後回しになっている生徒達。環境は人を変える・・・。 

 今このときだから、色々な色に染まることのできる順応性がある時期にこれで良いのか?!今回は、何に一生懸命にならなければならないのか「NEXT ONE 34号」の続きで道徳をしました。

Aさん
 今日の道徳で今までの一年間をよく振り返り、反省することができました。途中からは一生懸命が違っていたなぁと気付きました。合唱祭や体育祭の時の一組はとてもスゴかったと思います。他のクラスより何倍も頑張って、最後までみんなであきらめずに乗り越えました。でも三学期になって最後の一ヶ月になり、残りわずかにもかかわらず、クラスのほとんどが規則を守ることができませんでした。私もその中の一人です。とてもいけない事なのにしてしまった自分はどうなんだろうと考えてしまいました。
 良い悪いの区別をつけ、これからは生活していきたいです。また、四月には先輩になるのでお手本になるように心掛けたいです。

D君
 僕は今日の授業で、今の僕や中学生は、何に一生懸命になればいいのか考えさせられました。少し前に、学校に必要ないものを持って来てしまったけど、そのようなことやそのことで嘘をつくのに一生懸命になっていたんだなと感じました。でも、よく考えてみれば一生懸命になるものは他にも沢山ありました。変なことに一生懸命になっていた僕が情けなく思えました。
 また、GLAYの曲では「やがてくるそれぞれの交差点を」の所が心に残りました。この前の金曜日に卒業式があったけど、僕達も二年後、交差点があり中学も卒業しなければいけないのだと実感しました。

沼川西中学校1年1組学級通信  平成22年3月12日(火)№35

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 

「34号 NEXT ONE ~あと24回の登校だけに~

 2月も来週を残すのみとなりました。3年生は、今日公立高校前期入試の発表がありました。卒業と進路決定間近とういうこともあり、どんどん緊張感が増してきているようです。

 我らが1年1組も道徳の作文を読んでみると、それぞれが夢を持ち、何をしなければならないか分かっているようですが、まだまだ行動が伴わない場面が見られます。蛇が脱皮したかのようにウィンドブレーカーを脱いでおく生徒や、いつもロッカーから物が落ちている生徒。ゴミをゴミ箱に捨てられない生徒、掃除をサボってしまう生徒など、ちょっと意識すれば直ることばかりです。

 環境は人を変えます。気持ちのいい環境にいるだけで心は落ち着き、そして前向きな気持ちになることができます。だから「私は○○したい」と思って行動することは大切なのだと思います。気持ちがその人を変えるのだと思います。そして、そのことはどの場面にも出てきます。意識しなくてもとっさの時に出てしまいます。それが「無意識の意識」です。部活動で上手くなりたいと思っている生徒は、気がつく生徒です。相手の上手なところを見抜き、自分のモノにできる生徒だと思います。「あ~、こうすればもっと上手になるんだ」と思える生徒。整理整頓なんかどうでもいいと思っている生徒は、そこに気付くことができません。なんでも吸収しようという気持ちが弱いのです。

 中学生は、気持ち次第でどんどん吸収できる成長期です。それが良いことであっても悪いことであっても。だからこそ「何でもやるぞ!」という強い気持ちを持っていて欲しいのです。「ま、いいか」ではいけないと思うのです。

 

 忙しい毎日と次々に課題が出される中学校。小・中・高の中で、実は一番忙しいのが中学校生活ではないかと思っています。自分が中学生だった頃と比べて、生徒もそして教師も忙しそうです・・・。

私「あぁぁ、部活が終わった! 今日の昼飯、何にする?」

同僚「そうだよなぁ、蕎麦が良いな、蕎麦が。」

私「蕎麦か!いいね!で、どこのそば屋さんに行く?」

同僚「蕎麦っていったら戸隠だろ!行くぞ!」

私「まじか! お前マジでいってるんか! ここは片品だぞ!」

 と、そば屋さんに付いたのは、午後8時過ぎ。そば屋さんに着いただけで、開いているわけもなく、本当に着いただけで・・・。

 こ・れ・が、若さなんですね。

 しかし、今の先生方は、本当に忙しそうです。遊び心がなくて、心のゆとりがなくて。あぁぁ、昔に戻りたい!

f:id:sakaT:20160627220428j:plain

平成14年度 3年2組の旗