読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

319《ブスの25か条》

 宝塚歌劇団に入るためには、まずは宝塚音楽学校に入学しなければならない。そして、その入学の段階から厳しい競争は始まっていた。もちろん入学した後でも稽古の厳しさは並々ならないものがある。

 その宝塚音楽学校のトイレにいつからか貼られるようになった張り紙がある。誰が貼ったのか、何のために貼ったのかは分からないという。しかし、その張り紙は、はがされることなく今でも学生達の教訓として受け継がれているという。

 第2次成長期に入った生徒達。「人から自分はどう見られているのだろう」を含め、自分を客観的に見ようとする時期。それが中学生なのだと思います。今回は、下の資料とSEAMOの曲「Continue」を用いて、自己を見つめる授業を行いました。


Aさんの感想             
 私はもしかしたら、チャンスを逃していたのかもしれない。あのとき、こうしたら良かったんだって今、気付いた。「できないからやらない」じゃなくて、「できないからやる」その通りだと思います。私は「できないから、やらない」だった。ってことは自分に自信がなくて弱虫だった。だけど、この歌「コンティニュー」を聴いて、できないことに挑戦しようと思う。自分に自信を持って思いっきり挑戦しようと思う。宝塚のトイレにあるブスの25ヶ条は、自分に結構あてはまった。「自信がない」「他人に嫉妬する」「他人を信じない」・・・。なんか情けないです。これこそブスです。こんなブスな自分は嫌です

Bさんの作文
 私は今日〝曲〟を聴いて、私ももっと前向きに生きていこうと思いました。25ヶ条のほうでは、もっと笑って人を信じて、他人を恨むのではなく、人の個性やたくさんの良い所を見つけていきたいです。〝グチ〟を言うと言われる本人はもちろん、自分もブスになるので、グチは絶対にこぼさないようにしたいです。今日の曲はとても良かったです。他人から見た自分は、きっと私は沢山の人に迷惑をかけて、沢山の人を傷つけているのだと思います。他人の言ったことに対してそれを受け入れず何度も失敗したり、何度も人を傷つけてしまっていると思う。何か嫌なことがあると、すぐ目を暗くしてしまって、口が自然と相手の悪口を言っている自分を思い出せば、いつも後悔します。このような癖が、一生続いてしまったら、これから先、いくつものバチが自分に返ってきてしまい、最終的にはみんなの心を傷つけてしまい、自分の人生も暗くなってしまうように思えてくる。

宝塚のトイレに貼ってある「ブスの25カ条」

1 笑顔がない
2 お礼を言わない
3 美味しいといわない
4 精気がない
5 自信がない
6 グチをこぼす
7 希望や信念がない
8 いつも周囲が悪いと思っている
9 自分がブスであることを知らない
10 声が小さくいじけている
11 何でもないことに傷つく
12 他人に嫉妬する
13 目が輝いていない
14 いつも口がへの字の形をしている
15 責任転嫁がうまい
16 他人をうらむ
17 悲観的に物事を考える
18 問題意識をもっていない
19 他人に尽くさない
20 他人を信じない
21 人生においても仕事においても意欲がない
22 謙虚さがなく傲慢である
23 人のアドバイスや忠告を受け入れない
24 自分が最も正しいと信じている
25 存在自体が周囲を暗くする

沼川西中学校1年1組学級通信  平成21年12月8日(火)№26

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 私が教師に夢を抱いたのは、中学3年生の頃でした。それも自分の担任の先生の影響なのです。

 私の担任は、大学出たてで、私が言うのもおこがましい事ですが、何でもストレートにぶつけてくる生徒の事なんかちっとも分かってないんじゃないかと思える先生でした。しかも、中学2年の時もその先生が担任で・・・。それでもって、中2から中3はクラス替えもなかったものですから、それはそれは険悪な雰囲気の下、中3の生活がスタートしたのを覚えています。

 でも、ある時、その一瞬でクラスが変わったのです

 当時の給食は、あまり美味しいものではなく、特にパンはパサパサの最低の味でした。そのせいで、ゴミ箱がパンで一杯になるのです。その時も、いつものように担任は怒りました。俺たちの気持ちなんか知らないで・・・。

担任「誰だ!ゴミ箱にパンを捨てた奴は!」

勿論、私たちは「また始まった・・・」と、冷ややかにやり過ごしていました。ところが、先生は寄り添ってくれたのです。腰に手を当て、決して近づいてこなかった先生が。

担任「誰だ!ゴミ箱にパンを捨てた奴は!」

俺たち「・・・・」

担任「・・・・。あっ! 悪かった! 後で食べようと思って、ここ(ゴミ箱)にしまっておいた奴、後で出てきなさい。(ニコニコ)」

俺たち「!」

今までぶつかり合ってばかりで、授業を男子全員でボイコットした事もあった担任との関係だったのに、これ以降「担任に迷惑かけたもんな。体育祭くらいあいつのために頑張るかな、俺」という仲間が出てきたんです。

教師は、一瞬で人の気持ちをつかむ事が出来る。一瞬で大きく成長させる事が出来る。

 私は、そんな教師になりたいとその時思ったのです。

 


Continue   SEAMO