読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

258《先生、朝練習しましょう!》

 18日の月曜日の放課後。数人の女子からの提案でした。「先生、朝、合唱の練習しましょうよ!」
  嬉しい提案です。我らが2の4の合唱は未だ未完成・・・。今週の木曜日には、授業参観で披露しなければならない時期にこの提案は、とてもよいタイミングでした。そこで始まった火曜日からの朝練習!。
 10月19日(火)まずは、女子だけ。8時10分集合・・・。しかし、臨時学年集会が入り火曜日の練習は断念。しかし、女子の提案には感心しました。「先生、明日は、男子にも来て欲しいんです!」そこで、男子は8時15分に集合する事になりました。
 10月20日(水)「ようし!様子を見てみようかな」と教室に行ってみると、女子は練習しようと集まりだしていました。男子は徐々に集合する状態・・・。「これは、日に日に集まる生徒が増えるかな」なんて思える日でした。しかし!10月21日(木)女子は6人、男子は12人だけ!「今日もやるなんて思わなかった」とか。朝練習が1日や2日で終わるなって思う方がおかしいと思うのですが・・・。残念だなぁ~。
 10月22日(金)職員会議が終わってから教室に行ってみると。なんと、2の4の歌声が聞こえるのです!他のクラスからは聞こえないのに、確かに2の4から聞こえてきました。そして、歌声を聞いてみると女子の声にびっくりしました。今までで一番上手に聞こえました。でも、男子は・・・・・。

~未だ未完の曲「心の中にきらめいて」

「沼川西中学校 2年4組 学級通信 №3」(平成22年10月22日(金))

 ※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 頑張ろうとしている生徒の心の灯は消さないようにしなければいけません。担任が意見を言うと、クラスの雰囲気も変わることは多いです。
 やはり、担任の言動は、生徒にとって重いということを意識しないといけないと思います。

259《合唱祭に向けた練習のことです》

女子「昼休みに練習をします。教室に集まってください!」
という呼びかけに男子は無関心で、集まった仲間達も真剣味がなく、呼びかけた女子が泣いてしまったことがありました。でも、その女子生徒は再び呼びかけました。
女子「明日の朝、7時45分から練習します!」

「え~!!」という男子の声がクラスから聞こえたときは、何人集まってくれるかな?と、実は担任も不安に思っていました。
 翌朝、集まった男子は11人と女子達。「少し増えたね」という担任の呼びかけに女子生徒は「私は全員に集まってほしいんです!これが最後なんですから・・・」
  その日の昼休みにも呼びかけました。「集まってください!」
  すると、ほとんどの生徒が練習に参加していました。それもすばらしい歌を歌うことができました。その日の放課後の練習時は担任が意地悪に「明日の朝はどうするの!?」男子を揺さぶってやろうと思って発言しました。その時です。
一人の男子が大きな声で「やります!」と言ってくれたのです。女子は、よほど嬉しかったのでしょう。拍手をして喜んでいました。
 多感な成長期にある生徒達。一つ一つの行事を経験しながら少しずつ成長しているようです。上田班別学習でも友達との貴重な体験を通してちょっぴり大きく成長する行事になってほしいなと担任として思っています。
「沼川西中学校 1年1組 学級通信 №24」(平成21年11月6日(金))

 ※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 この生徒には、夜になって電話をしたことがあります。とてもまっすぐな気持ちを持った生徒で、クラスのために事をしたいと思っている生徒でした。結果、合唱祭は金賞をとることができました。
 教師より、生徒の方がよくクラスを観察していると思うことがります。合唱練習で、担任が出張から帰ってくると一段と上手になっているという経験があります。クラスは、30数人が作る集団ですから、それをまとめてみんなで同じ方向を向いて頑張ろうとすることは難しいことです。だから教師は集団の先頭に立って方向を示さなければならないとするのは、ごく当たり前の考えだと思います。ところが、実はそこが違うと思うのです。教師が先頭に立ち、何でもするというのは、教師の持っている情報だけを考えて行う場合です。でも、実はA君のことを一番よく知っているのは、B君なのです。場合によっては、××と付き合っているというプライベートなこともまでもB君はつかんでいるのです。
 クラスがまとまらない時の出番が教師であれば、一生懸命にやろうという気持ちにあふれたクラスであれば、B君(生徒たち)の出番なのです。
 「生徒に任せる」とは、そういう意味なのでしょう。「授業(行事)は、生徒中心にさせてはいけない、生徒主体でさせないと」という意味はこのような意味なのでしょう。

 お名前シール お名前しーる クリアタイプ おなまえシール ネームシール 防水 耐水 入学 入園 セット C-1 クリアシートM特選 クール№38 教科書風 ネイビー