読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

233《しぃぃぃんとした昼休みの教室・・・》

 「昼休みどうする?」「そりゃぁやるしかないでしょ!」
 給食中に3の側から聞こえてくる不穏?な会話・・・・。「誰が言う?」「クスクス・・・」とまぁ、こんな感じで給食が終わろうとしたその時、阿藤君が立ち上がったのでした。
阿藤君「あの!ちょっと言いたいことがあるんですけど!」

3の側の生徒達「おぉぉぉぉぉ!」
阿藤君「昼休みに体育祭の練習をするので、校庭に集まってください!」
 3の側の生徒達は、その話をした阿藤君に満面の笑顔。実は、3の側の生徒達は、体育祭の練習方法について考えてくれていたのでした。むかでリレーの女子達も頑張りました。「先生~、男子がいないんですよ。呼んでくださいよ~」担任「じゃぁ、放送で呼ぶか~」と、こんな具合です。
 体育祭で誰もいなくなった教室。し~んとした教室。それもなかなかいいもんですね!

~翌日(続編)~

阿藤君「あの、今日も言わせてくれ・・・」

まとまろうと頑張る生徒達! 格好いいなぁぁ!

「沼川西中学校 3年1組だより №7」(平成23年9月8日(木))

 ※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 この年は・・・、最下位。なかなかまとまろうとしないクラスでした。何をやっても最下位・・・。それでも頑張ろうする生徒は出てきます。いつかはまとまると信じてやる・・・。まとまることの大切さに気付くのが10年後ということだってたまにはあるさ!と、自分に言い聞かせつつ・・・・。
 あのクラスには、してやったけど、このクラスはなぁ~、と思うこともあります。でも、一昨年度のクラスよりも昨年度。昨年度のクラスよりも今年度の方が素晴らしいクラスと言い続けたいです。今までの教え子たちに勝ちたいのです。「桜井は、なぁに手を抜いてるんだ!」と言われないように頑張りたい。
 昨年、偶然に阿藤君にばったり会いました。それは、とあるスーパーの中でした。「桜井先生ですよね!僕を覚えていますか!?」と話しかけてきたのが阿藤君でした。ニコニコと満面の笑顔で話しかけてくれました。
 それ以来、そのスーパーをよく使うようにしています。だって、阿藤君は、そこの店員になったのですから。
桜 井「よ!」と、にこにこ笑顔
阿藤君「こんにちは!」と、鮮魚コーナーから出てくる。
桜 井「今日のお勧めはどれ?」
阿藤君「ありがとうございます!」
・・・・これ、私が上手く買わされてるのかな?? でも嬉しい!
担任なんて、つくづく単純にできているんだろうなと思ってしまいます。頑張れ阿藤!


旅立ちの日に

明日は、中学校の卒業式です。