読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

185《東京旅行の結果!・成果?》

 教員企画の500円ランチ大会。とても楽しい企画だったなと終わってみて思いました。「え~写真も撮るの~!」なんて言っていた生徒たち。しっかり写真も撮って、しっかりおいしいランチをゲットしてきたようです。良い根性してました。


185《「80円ですか?」  匿名希望》
 この作文は、あるコンテストの優勝を目指して頑張ったAさんをサポートするためのものであり、決して決してけなしたりしないでください
 
 東京都、アメ横へ来た私たちはある看板を見つけた。その看板は私たちが優勝を目指しているコンテストにふさわしい看板だった。私たちが目指しているコンテストとは・・・。ランチコンテスト!!誰が一番安く食べるかというものだ。そして看板には、ミニチャーシュー丼180円、半ライスなんと80円だった。そのお店へ入ることにした私たちは、注文をした。「えっと、私は、ミニ辛子明太子ご飯」(180円)、「じゃあ、私はミニチャーシュー丼」(180円)、「同じで、ミニチャーシュー丼」(180円)、そして、Aちゃんは、「半ライスで・・・」(80円)。
 私たちはびっくりした。いくらコンテストで優勝したいからといって80円はないだろう。でもAちゃんは本当に半ライスを食べた。おかずは何もない。ご飯だけで食べるのかと思ったら、なんとご飯にラーメンにのせるためのしょうがやごまをかけていた。みっ、みじめだ・・・。みんなが食べ終わり会計をしようとレジへ行った。そしてAちゃんは本当に80円を払っていた。
ランチコンテストは優勝だろう。たぶん・・・。いや、絶対に。じゃないと彼女の努力はどうなるんだ・・・
 そのあと、ランチコンテストで商品が出ないと知ったAちゃんはガッカリしていたそうだ。

「昼野中学校 2年3組 学級通信 №4」(平成13年5月21日(月))

 ※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 

186《「五百円以内!!」 匿名》

・・前半省略・・
 当日3つ目に訪れた駅。「上野」あまりお腹はすいてなかったが、班の人とアメ横をぶらぶら歩きながら「昼食どうしようっかぁ」とつぶやいていた。
 その時事件は起こったのだ。私の目の前にあるラーメン屋の看板が飛び込んだ。「半ライス80円!!」80円!?こんなに安くていいの?しかも半ライスっていったい・・・・。ちょっと胸をドキドキさせながら私たちはお店へ入った。どうしよう。半ライス頼もっかな。でもちょっと恥ずかしいな。しかもお店の人にも悪いしな。そんなにお金がないのかって思われちゃいそうだし。でもやっぱ優勝するためにはこれしかないよ。よしっ。「すいません。半ライスください」ついに私は言ってしまったのだ。お店の人も結構驚いていた。出てきたのはちっちゃなお茶碗に白いご飯。うっ・・・。これどうやって食べようかな。もともとお米のみで食べるのが苦手な私は悩んだ。その時またまた事件が発生!?何と、私の目の前に紅ショウガがあるではないか!私は、ラッキーと思い紅ショウガとご飯を一緒に食べた。私はつくづく「なんてひもじいんだろう・・・・」と思った。
 今だからこそ思う。サラリーマンさんは大変だ!偉いです。私は心からサラリーマンさんを尊敬いたしました。東京旅行。一言で表すなら私の気持ちは「まいりました!!」これのみです。
 藤野原先生・・・。その他の先生方も、「五百円以内で誰が一番安く食べてくるか」なんてコンテスト・・・今後は勘弁してくださいね♡

「昼野中学校 2年3組 学級通信 №5」(平成13年5月23日(水))

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 面白く計画を立てる教師。真面目に応えようとする生徒。バランス良いじゃないですか!? 

 どの行事にも必ず話題性のあるものを用意しました。そうすると、事前学習の時から、異様なほどの活気が生まれました。俺たちの行事は、面白いっていうところに結びつくようでした。

 この80円の作文が2の3の学級通信に載ると言うことは、この生徒は2の3にいるということになります。つまり、一番乗り乗りだったのが2の3ということです・・・。

 それはそうです。担任のわ・た・し・が、企画係だったのですから! テヘッ!(^_-)