読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

170《サプライズのあったHR  茂木秋美》

 お風呂から出て、「あ~、このあとHRかァ~、正直面倒くせぇなぁ~」なんて思いつつHRをやる部屋へ行った。
 全員が集まったところでHR開始!!まずは初めに黙想をしたッ。司会の「黙想はじめ」の合図でみんな黙想をした。私は黙想の時「今日はあっという間だったなァ~。実感がないまま修学旅行が始まったなァ~」なんて、その日の一日を振り返ってた。そして黙想終了!! 先生や司会の人が連絡事項を言って全てが終わり、「終わったァー。部屋行って暴れよ~」なんて思っていたとき・・・・。「他に連絡のある人いませんか?」と司会者。「はッ?!まだあんの?!」と思う私。「はぁ~い」と少量の声を上げながら手を挙げ始めた女子!!「え!?なんで手挙げてんの?!しかもみんな?!」と驚く私。何が何だか分からなく、後ろに座っていたOMちゃんに「なんでみんな手挙げてんの?!」と聞いたら、OMちゃんニヤニヤ不気味だ!!どしたんだこの女の子は・・・。なんて思いつつ・・・。何をして良いか分からず“もしや?!私何かの連絡を聞き逃したのかも!?”と思い、一緒におどおどしつつ手を挙げました・・・・。(空気を読んで(笑))
 そうしたら司会の子が「連絡のある人は前に出てきてください」と。私は前に出るのがこんなの大勢で何かあったっけ?と本気で思いながら前へ行こうとしたら「秋美ちゃんはダメっしょ」と、ある女の子。「え!?私・・・仲間はずれ(泣)」なんて思っていたら一人の女の子が話した直後「パーン」とクラッカーが鳴った!!そのクラッカーの音のあと、みんなが「ハッピーバースデートゥーユー」と歌ってくれました。感激ッ!
 そう、それは私と壮介君の誕生日のサプライズだった。「だからみんな手を挙げたのか・・・。私ちょ~恥ずかしいじゃん!!!」で、あとから聞くと私に見つからないように頑張ったとか・・・。私、全然気がつきませんでした(笑)
 みんなが祝ってくれて本当に嬉しかったです。みんなアリガト♡

「緑山中学校 3年A組だより №14」(平成20年5月30日(金))

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 せっかくの一大イベントですから、サプライズはそりゃぁ沢山用意しました。でも、このやり方は、真似をしたものです。
 以前持ったクラスで、担任の誕生日に生徒達が帰りの会でやってくれた方法なのです(第80話を見てください)。生徒達は、勿論そんなこと知らないですけど・・・。
 でも、生徒達はイベントが成功すると、達成感から来る嬉しさは半端なかったようです!。本当に楽しそうでした。


川嶋あい - 旅立ちの日に・・・