sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

163≪校外学習・・・≫

 校外学習・・・。それは机上の勉強から解放される生徒にとっては、パラダイスであって、担任にとっては、おそろ・・・いや! いやいやいや!担任にとっても忘れられない時間なのです。・・・多分そうだったと思います。

『日光旅行の思い出』

「先生。レクしましょう!」

バスが動いたときからいきなり始まった。3組は独自の旅行実行委員がいる。メンバーは、古井明良君、金城基君、森いほりさん、清原陽菜さん。名前を聞いただけで、今回のレクのすごさが想像できる。初めは、3組特別ビデオ。実行委員が2週間前から苦心して作った30分にも及ぶ大作である。藤野原先生や原澤先生、大沢先生、沢渡先生も出演しているが、あとは何とも表現しがたいコントが続く。しかし、まだ昼野町内である。いくらなんでも早いと思ったものの、「これからビデオ鑑賞をします」という実行委員の放送に車内は異様な盛り上がりである。3組の旅行の目標は「旅行を楽しむ」ことが大前提であるので、盛り上がることは構わないが、まさかこんなに早くからヒートアップするとは、という感じだ。このビデオは、隣り村まで続いた。終われば、間髪入れずにクイズ大会だ。峠道あたりに来れば紅葉がきれいで、窓を覗いているだけで楽しい。なんて思っていたのは担任と養護教諭の大沢先生だけ。車内は依然異様さを保っている。峠を迎え、いよいよ栃木県という場所に来て、クイズ大会も終わった。これから昼野に帰るまでまさかカラオケ三昧とか、何もレクしないとかじゃないだろうなと考えた。やっぱりいくら何でもレクが早すぎたんだと思った。ところが。である!歌うは歌う!おどるポンポコリン、北の海峡冬景色、神田川、南の島のハメハメハ、ハイティーンブギ、負けないで、愛の言霊赤いスイートピールージュの伝言これが私の生きる道、ヤングマン、年下の男の子、さそり座の女。バスから降りても耳がガンガンする。バスガイドさんや運転手さんも身を削る思いで聞いていたことと思う。気が付けば、昼野町近くのSAまで歌いきってしまった。

やはり恐るべし3組だ・・・。

「昼野中学校 1年3組 学級通信 №17」(平成12年11月9日(木))

 ※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 本当に校外学習を素で楽しんでる!・・・今更ですが、この学級便り、どこ行ってきたのか書いてないじゃないか! でも、このときもビデオを撮影しておいたり、クイズを作ったりと、仕込みは多かったから楽しめたんだと担任の苦労を強調しておきます。あぁ、本当に疲れた~。


go!go!vanillas / エマ (MUSIC VIDEO)