sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

83《最近の1の1です》

83《はいはい並んで!》

担 任「あぁぁぁ、給食の時間だ!」「早く教室に行かなくっちゃ!」

 教室に向かうと・・・・

堂本君「はいはい並んで~!」と、消毒液を担任に代わってかけてくれていました!

 またまたインフルエンザ流行の兆しが見える今、有り難かったなぁ!

84《先生泣いちゃいますよ》

新見さん「先生!合唱の練習を見に来てくださいよ! すごい上手なんですよ!先生泣いちゃいますよ、きっと!」

担  任「そう?じゃあ見に行ってみようかなぁ~」

 そんなやりとりから音楽の時間に見学に行ってみました・・・・。いやぁ~、上手でした!この時期にしては、とても上手でした!保護者の皆さん!文化祭を楽しみにしてください。(と、生徒にプレッシャーをかける担任(笑、笑))

「沼川西中学校 1年1組 学級通信 №22」(平成21年10月1日(木))

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 2学期の中頃か・・・。この頃になると、担任の代わりをしてくれる生徒が現れてくるから不思議です。担任思いでもあり、クラス思いでもある生徒たち・・・・。嬉しかった!

85《独り言 「生活ノートを見ながら」編》

 あ~〇〇さんは、いつも楽しいコメント書いてくるなぁ~。読んでると情景が浮かんでくるからすごいな~。これも才能だよなきっと。

 おっ!▢▢君か、なにぃ~!昨日の家庭学習は10分か!むむむむ。授業中は集中して勉強できている分、もったいないな~。

 あれ、〇〇さんの字じゃないぞ。な~んだ、姉ちゃんの文か。✕✕高校で頑張っているんだ。たまには遊びに来いよ!

 △△君はノーコメントか・・・。昨日忙しかったのかな?ん~、残念。

(担任は密かに生活ノートを1A劇場と呼んでいます)

「緑山町立緑山中学校 1年A組 学級通信 №31」(平成17年10月5日(水))

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 生活ノートのコメントを読んでいるだけで笑えるのは、やはり担任の特権なのでしょう。考えてみればそれも当然のことです。家にいる時間よりも学校にいる時間の方が長くなるのが中学生なのですから。家の人より生徒の特徴に詳しくなったなと感じる時もあります。

86《季節外れの怪談》

秋美さん「せ、先生!女子トイレいますよ!いる!絶対にいる!ね!しおりちゃん!」

 という元気はつらつ生徒の発言からそれは始まった…

栞さん「うん!絶対にいますよ!」

担 任「えー!うっそだぁ~」

秋美さん「本当ですって、先生!一番奥の洋式の…!」

 といういつものマシンガントーク。学年便りには載せづらい言葉もありますので担任の方で要約するとこういうことでした。

 一番奥にある洋式のトイレから、人が入っていると思われる音がする。「え!誰かいるの?誰?」と声をかけても反応がない。そこで、のぞいてみると、誰もいない…!

秋美さん「本当ですよ。先生一度見に来てください!」

 その後、女子トイレは人だかりの山ができ、「ぎゃぁぁぁ」っという聞き覚えのある生徒たちの声が続きました。

 まさかねぇ~。

「緑山中学校 1年A組 学級通信 №3」(平成18年10月6日(金))

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 本当に楽しいクラスでした。個性豊かで、生徒みんなが伸び伸び個性を出していました・・・。でも、なんでこんなクラスばかりなのだろう。面白いけど体力の消耗が激しいなぁと、今までをふり返る時間が多くなってしまいました。どうしてだと思う、秋美さん?