読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

29《ちょっとお疲れぎみ?!》

 今日は欠席が4人いました。生活ノートにある日記を読むと「疲れた」「自主勉強する時間がなかった」「小学校の時よりかばんが重い」など、この一週間の頑張りが少々疲れとして出ているかなと思えるようになっています。明日あさっては休日です。疲れたときは睡眠をしっかりととることが一番です。しっかりと疲れをとって、また来週からがんばりましょう! 

「緑山中学校 1年A組 学級通信 №7」(平成18年4月14日(金))

   ※生徒名、学校名は、実名ではありません。

  休むのも勉強ということも担任からあえて言ってあげました。入学して2週間が経つ頃です。疲れが出てきても不思議ではありません。少し休めば、あっという間に元気になるのが生徒だったように思います。そして、担任(教師)が言ったからこそ、安心できたのではないかと思いました。

30《驚異の48%!》
  あっという間に1週間が過ぎました。早いものです。その間、いろんな事がありました。学力検査や退任式。係を決めたり、委員会が開かれたりと、本当に息をつく暇のないくらいでした・・・。ところで、生徒たちには、前年度に連絡があったように様々なものを学校に持ってきてもらっています。雑巾や宿題やなんだーこーだーといろいろなものです。

「はい、それでは個人調査票と家庭訪問予定表を家の人に持って行ってください。提出は、明日です」と、言ったのは何日前だったでしょうか???

 驚異の48%とは、忘れた生徒の割合でした。ん~!!!生徒諸君!中学生としての自覚を持って行動しようではないですか!頑張りましょう!!

「緑山中学校 2年A組 学級通信 №3」(平成15年4月11日(月))

※生徒名、学校名は、実名ではありません。 

 根気・元気・勇気。担任の必要不可欠要素。特に2年生は、手間暇かけたというか、気を遣ってあげないといけないと思っていました。そして、それがよい結果として、3年生になって表れてきたように思います。

 

31《最近の出来事》

「まったく、掃除やらなんだから!」

「今日はどうなんかな?」

「何! ○○君がいないだとぉ~!」

・・・放送・・・

「え~、2年生の○○君。至急掃除場所に戻りなさい。もう一度繰り返します・・・」

大和田君、職員室まで走ってくる。そして「先生、○○君は今日休みです」とニコニコ。

しっ、しまった・・・!やってしまいました。何ともなさけない失敗でした。(泣!) 

 さて、天気がいいので、学活の時間外に出てみんなでレクリエーションをして楽しみました。

「え~、次から必ず1つ選びなさい」

「その1、サッカーをする人」

「その2、花見をする人(まだ咲いていないが・・)」

「その3、校庭の隅で、タコタコ(指遊びの1つ)をする人。」

 驚きです。男子も女子もサッカーで汗をかきながらボールを追う生徒の多いこと!また、友だちと腰を下ろして、暖かい風に吹かれて穏やかに話をする生徒たちも。今年も遅まきながら、春が来たなと実感した一時でした。ちなみに、タコタコグループはいませんでした。

「緑山中学校 2年A組 学級通信 №5」(平成15年4月17日(木))

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

 クラスが1つになることは、みんなで同じことをしていれば良いというものではないと思います。「同じ空気を感じること」だと思っていました。例え自分だけ居場所は違っても、このクラスの一員と思えることだと考えていました。

 緊張の4月。担任が仕組んだ?クラスの方向性を何となく分かって来ると、生徒達はこの後どうすると思いますか?

 4月以降の生徒の様子を、次回から掲載したいと思います。

 言いたいことがもう一つ。生徒が間違ったらフォローしてあげると、教師が間違っても、生徒は決して文句は言いません。間違いは、叱る対象ではありません。叱る時は、一生懸命にやった結果なのか、わざと、あるいは不注意の結果として起きたことなのか、十分に洞察する必要があります。ここを見誤ると、教師と生徒の距離は遠くなってしまいます。