sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

8《な、なにぃ~! 4組に四天王がいるだとぉぉぉ!》

生徒A「先生。知ってます?うちのクラスに『オ〇ク四天王』がいるんですよ」(ヒソヒソ)

担 任「なんだよ、その『〇タ〇四天王』って・・・・」
生徒A「え!知らないんですか!一〇君にぃ、龍〇君あと、こ〇た君と唯〇君のことですよ」(ヒソヒソ)

 A君によれば、その『〇〇ク四天王』の中でも〇生君が王の中の王で、その次が〇一君であること。また、四天王の下には『門下生』がおり、それが林〇君と町〇〇と君だとか・・・・。

「よぉぉし、こうなったら、片っ端から4組の四天王を調べてやる!」と、担任はクラスの実態に迫ることにしました。

「沼川西中学校  2年4組 学級通信 №46」(平成25年2月13日(木))

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

  読書大好き四天王、清掃完璧四天王、毎日楽しそうな四天王、整頓上手四天王、授業中の発言多い四天王、生活落ち着いているぞ四天王、頼りになる男子四天王、頼りになる女子四天王、忘れ物しない四天王、字が上手四天王、絵が上手四天王、そっち系の絵が上手な四天王、熱く語る四天王、クラス思い四天王、男女関係なく思いやり四天王、手先器用な四天王、ロッカーきれいな四天王、将来有名人四天王、もしや?という意外性ある四天王、お花畑が似合う四天王・・・・。

 この四天王についてアンケートをとったのですが、生徒は真剣に書いてくれるから面白いです。なぜ真剣なのかというと、クラスの生徒全員が載るように工夫した項目になっているからです。クラスアンケートで、自分 だけ名前がないのは寂しいですから。なので、当然担任の名前も登場します・・・・。

《最近の2の4・・・ BKって何?》

9 その1「高校調べの学習中高校案内図を調べている生徒達編~」

Aさん「地図に出てくる“GS”って何だと思う?」

B 君「ん~、確かジオメトリック何とかっていうんだと思ったけど・・・」

Aさん「それっ、どんな場所?」

B 君「さぁ~?」

 この子達は、たぶん“ガソリンスタンド”のことを真剣に考えていたようで・・・。

Aさん「じゃぁ、“BK”は・・・・。“バカ”?」

 さすがにそれはまずいと思い・・・。

担 任「“GS”はガソリンスタンド。“BK”は、バンク。つまり銀行のことだよ」

二人そろって「なぁ~んだ!」すかさず1問。

 任「じゃぁ、“GPS”って何だと思う?」

Cさん「あ!それって細胞のことですよね!」

担 任「・・・・?」

他生徒「まさか“IPS細胞”の事?場所を特定するGPS機能を持った細胞なんてないよ~!」

・・・・生徒達の勝ちです。参りました。

 

10 その2「必ずコントをやる学習連絡係 女子編」

Aさん、Bさん「どぉもぉ~! コントします!」

Aさん「あ! 宿題忘れちゃった。家に取りに行かなければ!」

Bさん「カッキーン!(バットを振る真似。)ホームラン!」

Aさん「これが本当にホーム・ラン(家に走る真似)」

担 任「・・・・・」

 

11  その3「残り物じゃんけんを期待する生徒達 ~給食編~」

生徒「先生~。今日は残り物ないんですか?」

担任「あるよ。牛乳に、ご飯に・・・」

 と、挑戦的な生徒が増えているような気がします。牛乳を2本持って来てあげると、周辺の生徒達5~6人でじゃんけん大会が始まります。

 ま、だいたい言い出しっぺが負けるんですけどねぇ。

 

12  その4「先生~、聴いてください、 読んでください編」

A君「先生。RADWIMPSって知っていますか?いい歌歌うんですよ。一回聴いてみてください。」

 インターネットで「いいんですか?」を視聴してみました。元気のある若者グループでした。新しい息吹を感じます。(笑)

Bさん「ヘタリアっていうアニメが面白いんですよ。世界の国が人になって・・・。」

 と、熱く語る女子生徒。ナニナニと、これまたインターネットで調べてみると、「第二次世界大戦におけるイタリアを評して『へたれなイタリア』の意で用いられたのを発祥とする」

 む、難しいアニメになっているんですね、今のアニメは・・・・。

 「沼川西中学校 2年4組 学級通信 №45」(平成26年1月28(火))

※生徒名、学校名は、実名ではありません。

  学校を楽しんでいる生徒達。そして、その生徒達で楽しむ担任。これも3学期の記事だから、信頼関係マックスの頃です。こうなると、クラス替えしたくないと思う生徒が出てきます。担任している時は、毎回こんな会話ができるクラスにしたいと思って頑張っていました。嬉しくもあり、寂しくもなる、複雑な学期でした。
 そんな学級にするためには何をすればよいのか・・・。

 これ以降は、4月の学級通信から追ってみたいと思います。