読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakaT’s diary

不登校生徒が増えてきました。フリースクールが人気だとか・・・。学校は生徒にとってつまらないところ。うざいところ。・・・なのでしょうね。

第15章 「体育祭・文化祭編」

第15章 体育祭・文化祭編

学年を越えた全校一丸となって臨む行事。それが体育祭と文化祭です。クラスカラーが鮮明に出る行事です。そしてその都度刻まれるエピソード・・・。クラスメイトしか、担任しか味わえないすばらしい一時だったと改めて思えるんです。 227《裏方としての努力…

231《ビリですけど何か?!》

学級リレーは19人で行う注目の競技です。でも、体育の時間に行う他クラスとの練習の時から半周の差がつくほどのどん尻なのです。でも、みんな本気ですよ!走る生徒も応援する生徒も・・・。すごくいいと思いませんか?今日は、バトンの確認を1組だけでし…

233《しぃぃぃんとした昼休みの教室・・・》

「昼休みどうする?」「そりゃぁやるしかないでしょ!」 給食中に3の側から聞こえてくる不穏?な会話・・・・。「誰が言う?」「クスクス・・・」とまぁ、こんな感じで給食が終わろうとしたその時、阿藤君が立ち上がったのでした。阿藤君「あの!ちょっと言…

234《雨で残念だったけど、残念でなかった体育大会でした》

体育大会のために、せっせと行った草むしり。昼休みの時間や学活の時間を使って、校庭整備をしてきました。あの草原校庭も立派な陸上競技場に変わり、よし!体育大会もこれで大丈夫!と思っていたのですが、やっぱりやむことのない雨…。当日の朝も「ザー・・…

235《「平成20年度 緑山中学校体育大会」》

一番遅くまで会場整備をするのは、3年生の役目。なぜなら自分たちで作らなければならない行事だから。 最後まで石拾いをする3年生。最後までトラックの草むしりをする3年生。最後のライン引きをする3年生。最後に絡まった巻き尺を根気強く戻す3年生。放…

237《2の4、かろうじて3位!?》

Yシャツのボタンをしない男子。朝の会や帰りの会で、無視しながら読書をする女子。物が落ちていても、われ関せずと拾おうともしない生徒。ムカデリレーの練習を知りながら、友達と鬼ごっこをする生徒。清掃活動も座って怒られるまで動こうとしない生徒・・・・…

239《ありがとうの多いクラス》

今朝のことです・・・・。 上岡典子さん、柳瀬涼香さん「あの・・・、先生。報告があるんですけど」 担任「何?・・・・」 いつもだと、生徒の「報告」ってあまり良くない内容に決まっているんです・・・。 上岡典子さん、柳瀬涼香さん「今朝、朝練してるん…

240《みんな、提出物とかがあるみたいで・・・》

9月11日の昼休みから始められた体育祭の練習。それは、給食の時間からだった。担任「よぉぉし! 今日から練習だぁ! みんな昼休みに校庭集合だぞ!」と声をかけたものの、何となく「ザワザワ・・・」 ん?と思いながら校庭に出てみると集まったのは10人…

243《一番印象に残ったこと・・・》

一番印象に残ったこと。自前のはちまきをわざわざ縫って作ってきた生徒に出会えたこと。一番印象に残ったこと。「俺たち、応援一番頑張りましたよ!」と言える生徒がいること。一番印象に残ったこと。バトンを落とした生徒に「君だけが悪いんじゃない」と言…

244《厳しさを楽しさに変える力》

1時間にも及ぶ学年で行われた行進練習。得点が絡んでいるとはいえ、単調な行動に嫌気がさすものです。(それだけ、難しいということなのですが・・・) しかし、なぜか笑顔で行進練習をする1組。声も聞こえてきます。「おい、行くぞ。せーの!」「もっと横…

245《なかなかうまく走れないムカデだったんです・・・》

昼休みの練習のこと。2グループあるムカデの内、1つだけどうしても遅い。「ようい、どん!」というかけ声にノッタリクッタリ。挙げ句の果てにパタリと倒れる始末。もう1つのムカデがゴールしても、半分走っているのがやっと。担任「もう! 朝練だぁ!」 …

253《はちまきとムカデの足が全校で1番!?》

体育祭も終了し、普段の学校生活に戻りつつある最近。体育委員「はちまきを洗って、アイロンをかけて持って来てくださ~い」「むかでの足は、体育委員が返すから・・・」という体育祭の後片付けのかけ声が聞こえたり、福祉委員「手足の不自由な子のために買って…

258《先生、朝練習しましょう!》

18日の月曜日の放課後。数人の女子からの提案でした。「先生、朝、合唱の練習しましょうよ!」 嬉しい提案です。我らが2の4の合唱は未だ未完成・・・。今週の木曜日には、授業参観で披露しなければならない時期にこの提案は、とてもよいタイミングでした…

260《3の1の合唱祭について》

とうとう11月・・・。 担任「みんな、知っているか? 卒業まで、あと4ヶ月と13日だぞ。4ヶ月っていう響きすごくないか?」 ざわついていたクラスが一瞬“シーン”と静かになりました。また、先日の3連休に、1日8時間勉強した生徒を筆頭に、いつもより…

261 ブログを始めて66日が経ってました

気がついたら、ブログを始めて66日が経ち、延べ3250人の人が見てくれました。とても嬉しいです。これからもこまめに出していきますと言いたいところですが、あまりにもちょくちょく出すので、読者登録をした人たちは大変じゃないですか?これからは、少しペ…

264《期間限定3の2ドキュメントシリーズ「合唱コンクール向けて」その1》

元二君:「ぜっていなりません」穣司君:「お前しかいねえよ」 なかなか決まらない合唱コンクールのクラス指揮者。担任:「女子は人数少ないからなぁ。ちえが男ならやってもらうことろだけどなぁ」 そんな話し合いとも言えない状況の中、浩一郎君がやります…

266《光年の旅》

体育大会の翌日から始められた合唱コンクールのクラス練習。あれから1週間が経った頃・・・。担 任「今日はパート別に練習しようか。まずは、男子が歌って女子は椅子に座って聞いて」 行儀良く後ろに並び出す男子に、にこにこしながらそれを眺める女子。そ…

267《合唱祭前日のこと・・・》

昼休みにあった音楽室を使った最後の練習。明日が本番だと思い、焦ってきた生徒達。「ここをこぉ~して」「ここは、こぉ!」など切りのない直しの連続。そこに「キィ~コ~ン、カァ~コ~ン」という昼休みを終えるチャイムの音。生徒A「5時間目は何だ!?…

268《文化活動発表会の後半》

文化活動発表会の後半、出張で学校を後にした担任は、翌日ドキドキしながら学校に来ました・・・・。 なぜか、何も語ろうとしない職員。教室に行っても何か重苦しい雰囲気。そして合唱のことに触れようとしない生徒たち。「ヒソヒソ」と話す生徒たちに、「こ…

これで投稿記事がちょうど100になりました!

271《「先生・・・・。俺に勇気をください」》 ステージの袖裏で、担任に寄ってきた指揮者の長島慶二君。どれだけ緊張しているのか、はっきりと伝わって来ました。「お前がまとめないで、このクラスをまとめる奴がいるか!精一杯やってきなさい!」と励ます…

257《マラソン大会校内優勝に輝く!》

ある日の2年4組・・・・。5月病なのか。だらだらが目立つ4組の生徒達。この日は特に目立ちました。担任「隣で友達が東京調べを一生懸命にしているのに、何で宿題してるの?」担任「友達が掃除しているのに、どこに行ってたの?」担任「どうしてすぐに給食の…